VOICE先輩社員の声

大迫弓子さん

2017/06/09
テキストテキスト

◆入社のきっかけは?
前職も特養の介護職員でした。今、身内にも高齢者がいて、介護をしています。そういう状況の中、前職での経験、自宅との距離や親の介護、在宅介護に興味があることなどを総合的に考え、求人募集に応募しました。

◆仕事にやりがいを感じるときはどんなときでしょうか?
ここは、機能訓練室のような場所ではないので、目に見えるような達成感があるというわけではありません。でも、お一人おひとりの利用者さんとのお付き合いのなかで、優しい心のこもった言葉であったり、利用者さんから「あなたが居てくれるから心強いわ」という本当にささいな一言を言っていただけた時には、それまでの疲れが吹っ飛んでしまうほど嬉しさが込み上げてきますね。

◆大変だったことはありますか?
体を使う仕事なので、長時間の勤務が続いた時は、正直、体に堪えますね。私自身、要介護者である親の世話をしながら、仕事でも利用者さんの世話しています。なので、自分の時間のオンオフの切り替えが難しい時があります。なんとか自分の時間の使い方は工夫しなければならないとは考えています。
利用者さんとのコミュニケーションのなかで、利用者さんの心の中にがつがつ入りすぎないように気をつけています。かといって一歩下がるということではなく、利用者さんの言動をよく観察するというか、よく観ていくということを大切にしていきたいですね。

◆今後どんな事にチャレンジしていきたいですか?
正直、今を生きるので精一杯なところはあります。もちろんまだまだ知らないこともたくさんあり、今の技術で満足していてはいけないと思っています。なので、技術面で自分の足りないところは補っていきたいと思っています。

◆ふじケアサービスで働こうと考えている方へのメッセージ
一人ひとりの利用者さんとの時間が密にとれる職場であるとは思いますので、人と人としてのつながりの中で、楽しみとか喜びも見出せる職場でないかなと思っています。初心者の方でも、研修、先輩のサポートはちゃんと充実してますので、一緒に頑張っていきましょう。